編集者のTwitterをフォロー

SEOキーワード選定 | 誰でもできるキーワード選定で上位表示

情報技術
スポンサーリンク

SEO対策においてキーワードが大切だという事をよく聞くけどなぜなのか

上位表示させるためのキーワードってどうやって選択すればいいのかわからない

この記事ではこのような悩みの解決が出来ます。

キーワードがSEO対策で重要である理由から効果的なキーワードの選び方をイチから丁寧に解説します。

スポンサーリンク

SEO対策においてキーワードが重要である理由

大抵の方がSEO対策をすれば検索結果で上位表示されるようになるように思われがちですが決してそのような事はありません。

また、SEO対策を行って狙い通りの成果が得られるかは保証されるものではありません。

例えば、「思いのほかアクセスが集まらない」、「アクセスはあるが商品購入につながらない」といったことがあるわけです。前者は検索されないキーワードでSEOをおこなっているということで、後者はあまり購入意欲のない人を誘導しているという事です。これらに共通することはいずれも不適切なキーワードをも引いているという事です。

 

不適切なキーワードの選択を用いたままでは成果が上がることはまずないです。であるならばこれまで時間をかけてきたSEO対策が全くの無駄になるわけです。だからこそキーワードが重要になるわけです。

スポンサーリンク

適切なキーワードの選び方

では実際にキーワード選択の解説をしていきます。

先に述べておきますがキーワードは「メインキーワード」+「関連キーワード」で構成されています。ピンとこない方もいるかもしれませんが、例えばあなたがこの記事を検索した時になんと文字を入力しましたか。

おそらく「SEO キーワード 選び方」といったように検索したことでしょう。ここでのメインキーワードは「SEO]で関連キーワードは「キーワード」と「選び方」です。

この関係をまずは覚えておきましょう。

 

キーワードは「メインキーワード」+「関連キーワード」で構成されている。

メインのキーワードを決める

メインキーワードは、集客したいターゲットとなる人が連想するモノを選択するようにします。ここで注意していただきたいのが検索される言葉を使う事です。なぜならメインキーワードであなた自身のことや商品のことなどの固有名詞を使っても誰もその言葉を知らないからです。(有名人や有名スポット、人気アニメキャラクターなどは十分に認知されているので固有名詞を用いても構わない)

 

関連キーワードを決める

関連キーワードは複数設定することが可能で、増やせば増やすほどふるいにかけられてアクセス数も減っていきます。ただその分こちらが求めるターゲット層に近い人がアクセスするようになりますから。関連キーワードの使い方はかなり重要と言えます。

関連キーワードを考えるうえで重要となるのがユーザーはどのような言葉の組み合わせで検索しているのかを理解することです。前述のとおりユーザーが検索していない言葉を用いても検索されることはないです。

逆にメインキーワードとの海合わせ次第では一定量の検索量が確保出来るというわけです。

さて、これからいくつかのパターン別に関連キーワードの選定方法を解説します。

実店舗がある場合は地名を関連キーワードにしよう

実店舗がある人は商圏の地名を入れると効果的です。

関連キーワードを使用するときに注意したいのが業種によって指定すべき適切な範囲が異なる事です。

例えば飲食店と病院の場合を考えてみましょう。

飲食店の場合は多くの人が多少自宅から遠くても美味しいものを食べるためなら足を運ぶことから関連キーワードとして選ぶ地名は市町村名位が適切となります。

病院の場合何度も何度も通院しなくてはいけないということで関連キーワードとして選ぶ地名は○○町とより狭い範囲の地名が最適です。

あなたの商品の魅力やセールスポイントを関連キーワードにしよう

提供するサービスや商品の特徴、魅力などは関連キーワードの第一候補となります。商品自体に特徴的な魅力があればいいですし、価格勝負をしているのであれば「激安」、「大安売り」などの言葉を関連キーワードとして選ぶのが良いです。通信販売の場合は「通販」、「お取り寄せ」などの言葉を使うのが良いです

関連情報を関連キーワードにしよう

これまで紹介した関連キーワードは大きな効果を見込める半面競争が激しく検査結果で一位を取るのは難しいです。この様な競争を避ける方法として挙げられるのが関連キーワードを「行動を促すもの」ではなく、「情報を目的とするもの」にして、そこから集客につなげる方法があります。基本的にそのキーワードで検索してくるのはキーワードに関係する情報を求める人なので、いきなり商品を売りつけても売り上げにつながらないわけです。

ユーザーが求める情報をきちんと理解してそれを提供し、こちらの存在を認知してもらい、その後商品購入につなげるという手順を踏むこととなるため、誘導先ウェブサイトも情報収集を目的とする人に向けて工夫したものにする必要があります。

遠回りに感じるかと思いますが有効な方法なのでぜひ実行してみましょう。

 

無料キーワード検索ツールを活用しよう

これこれらの無料検索ツールを活用して適切なキーワードを選びましょう。

スポンサーリンク

キーワードの組み合わせで集客力アップ

有望なメインキーワードと関連キーワードの組み合わせは複数用意しましょう。

一つのメインキーワード+関連キーワードの組み合わせに集客にしたい人のニーズをすべて盛り込むのは不可能ですし、盛り込んだとしても前述したとおりアクセス数がかなり減ってしまいます。それに、キーワードを多く盛り込んでもすべてのキーワードについて詳しく書き込めないので中途半端な内容となり成果が遠のいていきます。

一つのウェブサイトに100ページ作ったならば、その数分の検索結果のページからの流入があることが理想です。

多くの方のページを見てみるとトップページにばかり力を入れてそのほかのページを疎かになっていることがあります。これでは本来サイトに訪問してくれているかもしれない人を逃しているという事になっています。

では、具体的にどうすればよいかというとメインキーワード+関連キーワードの組み合わせは、ターゲットの切り口を変えて複数用意しましょう。例えば様々なSEO対策について記事を書いているのであれば「SEO ブログ」、「SEO YouTube」、「SEO 外部対策」といったようにページをキーワードの組み合わせごとに作りましょう。

これによってページの内容もシンプルなものになって見やすくなりますし、そちらのほうがSEO的に有利であると言えます。さらにサイト全体としても玄関口が増えるので更なる集客が見込めます。

 

 

 

参考文献

2020年第二版 ソシム株式会社 著:瀧内 賢

「これだけやれば集客できるはじめてのSEO」

コメント

タイトルとURLをコピーしました